© Poco Cantabile 2010-2018

日本の教育社会を輝かせる【ポコ・カンタービレ】

​お問い合わせ:pococantabile2010@yahoo.co.jp

  • Facebook Social Icon
​0歳からの英語リトミック【レガート】

ポコ・カンタービレの英語リトミックレッスンは、0歳からの英語教育。成長著しい乳幼児期に英語を耳にする環境にいることで、自然と英語を聞き取れる耳が育ちます。

ポコ・カンタービレの英語リトミックでは、英語をお勉強として覚える活動をするのではなく、子どもたちの発達に合わせた遊びやカリキュラムをオールイングリッシュで行う中で、日本語教育と同様に、単語を覚えたり、

歌いながら英語の会話を話すといったような『楽しい』活動から英語を身近に感じてもらうことをモットーとしています。

​英語はむずかしい?!

日本語を学ぶ外国の方は『日本語は難しい』と口をそろえていいます。たとえば日本語は本音や建前、「ほどほど」や「なんとなく」のような曖昧な表現など、言葉から相手の様子を想像しなければならない言葉もあります。

それに対して英語は明確です。感情や考え、行動もすべて文章に表します。そのため、単語を並べればおおよそは会話として通じるのです。

 

 英語には独特の発声やリズムがあります。言葉が未発達な小さな子どもたちには特に英語の発音やリズムは楽しく聞こえるのか、ポコカンタービレの英語リトミックに通っている1~3歳の子どもたちはいつの間にかレッスン中で出てきた単語をお家でも話しだしたりするそうで、ママさんたちもびっくりしているとのことです。

​オールイングリッシュ

レッスンはオールイングリッシュで行います。英語を聞き取れる耳を育てるには、英語をたくさん聞く機会を増やすこと。子どもたちだけでなく、一緒にレッスンを受けるママたちも同じ。最初は「???」といった様子のママたちも数回通ううちに講師の言っていることが徐々にわかり、行動に移せるようになります。なぜそういった事が可能なのか?ポコカンタービレのレッスンは体を動かしながら英語を聞くからです。日本語リトミックでビートを体で感じるように、英語リトミックでは、体で英語を感じるカリキュラムも取り入れています。

日本語クラス同様、やる気と集中力を育み、思いやりと自信を養う『体幹とレーニング(ボディーバキッズプログラム)』や知育あそびなども取り入れ、子どもの【心・体・知】を育みます。

現在英語リトミックは4教室開講中。日本語に方言があるように、一概に英語と言ってもみんなが同じ発音なわけではありません。世界に出ればいろんな発音の人がいます。1人の先生だけでなくいろいろな先生の英語を聞くことでちょっとした違いに気づいたり、講師もそれぞれ個性があるので違う教室に行けばカリキュラムも少し違ったりします。

 ポコカンタービレは赤ちゃんが通いやすいように振替のシステムなども用意しております。これをうまく活用していただくことで、いつもと違う先生や環境でレッスンを受けたり、必ず月1回は子どもたちに英語を聞かせる時間を与えることもできます。

 

​続けやすいからこそ伸びる
開催教室一覧
《​群馬県》
《​埼玉県》

9月25日開校!

10月開校!

《東京》

開催日程はブログを確認いただくかお問い合わせください。

(​体験料金:1750円)

STAFF

Miyuki Asada

(あさだみゆき)

 

◆伊勢崎教室 ◆高崎教室

​◆本庄教室(9月開校)

Naoko Watanabe

(わたなべなおこ)

◆前橋教室 

Ayako Yokota

(よこたあやこ)育休中

◆高崎教室